ヒトの腸には善玉菌、悪玉菌など様々な菌が存在し、それらの菌が常にバランスを保っています。
しかし、ストレスや生活習慣の乱れなどで悪玉菌が増え、その結果、腸内環境が悪化し、お腹がゆるくなったり、便が出にくくなることがあります。

それを改善するには、悪玉菌の増殖を抑える善玉菌を増やすことが重要です。
そしてビフィズス菌は成人の大腸に常在する善玉菌の99・9%以上を占めると言われています。

弊社が使用しているヒト由来のビフィズス菌 BB536 は、腸内の酢酸などを増加させ、
アンモニア量を低減させるなど、腸内環境を良好にし、また排便回数を
増加させるなど消化器官の正常な活動を助け、腸の調子を整えると考えられます。

もともとは医療機関向けに開発されたこともあり、さまざまな研究結果から500億個という菌数にこだわりました。
菌数が多いほど、腸に届く菌の数も多くなるため、腸内の悪玉菌が減少することが確認されております。

この投稿が役に立った方はボタンを押してください。
  • 役に立った (2)


【お客様相談室】
解決しない場合は、お気軽にお問合せください。

通常のお問い合わせフォーム

LINEからのお問い合わせ

お電話:0120-189-139
(受付時間 9:00~17:00 月~金 ※祝日・年末年始を除く)