テレビやスマートフォン、パソコンなどのディスプレイからはブルーライトが発せられています。
ブルーライトは、一般的に網膜や角膜への影響がよく知られていますが、睡眠や精神などの不調にも
大きく関係していると考えられています。
このブルーライトに対抗する黄色い色素成分がルテインです。

ルテインはマリーゴールドや人参、かぼちゃなどに多く含まれています。
また、私たち人間の目にも元々存在しており、ブルーライトを遮るフィルターのような役割を果たしています。
しかし、ルテインはもともと体内に存在する成分でありながら、体内で合成することができません。
しかも年齢を重ねるごとに、とりわけ40~50代にかけて減少するといわれており、放置すると様々なリスクに繋がります。

そのため食事などを通じ、意識的に毎日補っていくことが重要といえます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

この投稿が役に立った方はボタンを押してください。
  • 役に立った (2)


【お客様相談室】
解決しない場合は、お気軽にお問合せください。

通常のお問い合わせフォーム

LINEからのお問い合わせ

お電話:0120-189-139
(受付時間 9:00~17:00 月~金 ※祝日・年末年始を除く)