クレアチンはアミノ酸の一種で、私たちの体内にも存在するものです。
運動などによって減ってしまうエネルギー源の再利用をサポートする働きをもっています。

私たちが体を動かすとき、体内でエネルギーのもととなるのが「ATP(アデノシン三リン酸)」と呼ばれる物質です。
ATPはエネルギーを生み出す際にリン酸を放出し、「ADP(アデノシン二リン酸)」という物質に変わります。
クレアチンには、このADPにリン酸を補い、再びエネルギー源として利用できるようATPに戻す働きがあります。

パワーが不足したときにATPをサポートするため、クレアチンはエネルギーの予備タンクのような存在といえます。

この投稿が役に立った方はボタンを押してください。
  • 役に立った (0)


【お客様相談室】
解決しない場合は、お気軽にお問合せください。

通常のお問い合わせフォーム

LINEからのお問い合わせ

お電話:0120-189-139
(受付時間 9:00~17:00 月~金 ※祝日・年末年始を除く)