シトルリンは一酸化窒素(NO)の生成を促し、めぐりをよくする効果があります。

私たちの体には隅々までパイプが張り巡らされています。
このパイプの通りが悪く、詰まりがちになってしまうと必要な栄養が体の隅々にまで届かなくなります。
そうすると一年中冷たく感じたり、不調やモヤモヤ感になって体に現れてしまいます。
そのため、めぐりをよくするためにパイプを広げ、詰まりを防止することが重要です。

シトルリンは私たちの体内に多く存在し、体のさまざまな機能を支えているアミノ酸の一種であり、
「スーパーアミノ酸」と呼ばれています。

通常、アミノ酸は体内に入るとタンパク質に再合成されますが、
シトルリンは再合成されずに体のめぐりに乗って循環しています。
そのため、体のどこかでアミノ酸が不足すると、必要なときに必要な場所で働くことができます。

めぐりがよい生活を送ることで、一般的には運動パフォーマンスを向上させたり、調子を整え、
守る力がアップしたり、ぐったり感を解消させるなど、さまざまな効果を期待することができます。

この投稿が役に立った方はボタンを押してください。
  • 役に立った (0)



【お客様相談室】
解決しない場合は、お気軽にお問合せください。

通常のお問い合わせフォーム

LINEからのお問い合わせ

お電話:0120-189-139
(受付時間 9:00~17:00 月~金 ※祝日・年末年始を除く)